次世代リーダのためのヘッドハンティング転職サイト

NIKKEI 日経HR x RECRUIT AGENT

日経のコンテンツから

西日本鉄道社長 倉富純男氏(下)――街づくり、地域巻き込む

ベッドから歯ブラシまでビジネスホテル徹底調査〜私の課長時代

西日本鉄道社長 倉富純男氏
チームの結束は常に大切にした(2000年の社内旅行、右から3人目が本人)

■心血を注いだ福岡のターミナル駅再開発の完了を待たずして、別の部署の課長に異動する。

 名店街の退店交渉が片付いてプロジェクト最後の駅ビルの着工が見えた1997年、この案件以外の不動産開発を手掛けるビル事業部の開発課長になりました。13年間にわたる事業に11年間かかわりましたから、最後まで見届けたい気持ちは強かったですよ。でも会社の次の一手を任された形です。担当役員から存分にやれと発破を掛けられて、やりがいを感じました。

 廃止した路面電車関連の施設の跡地などを有効利用するのが大きな役目でした。北九州市の土地では商業施設と駐車場、ビジネスホテルの選択肢があり、商業に向く立地ではないと思ってホテルを選んだんです。完成まで3年ぐらいかかるんですが、担当役員にその間待っているのかと脅されてね。ホテル事業は一定の規模がなければ成り立ちませんから、社有地で次々と計画を立ち上げました。

■初のビジネスホテル事業に没頭した。

 シティーホテルの経験はあっても、ビジネスホテルは初めて。低料金でないと勝負にならないので3〜4人のチームで別々の施設に泊まり、先行事例を徹底調査しました。ベッドのスプリングの質から歯ブラシの本数まで、どこまでコストを削れるかと。手応えを感じて、旅行会社や企業に営業攻勢を掛けました。チームで毎朝、営業会議もしたし、慰安会もよくしたなあ。結束を固めるのが大事だと思いましたから。でも今思うと、歯ブラシは減らしすぎた気もしますが。

 99年に都市開発事業本部に移り、ホテルも含むすべての開発事業を手掛けました。重みを増したのが商業施設です。北九州市で運営していた動物園の閉園決定を受け、同じ市内に「チャチャタウン小倉」を開業しました。

 福岡の駅再開発に伴う高架下の利用計画も思い出深いですね。ビックカメラさんに飛び込み営業し、関東以外での初出店をお願いした帰り道、大阪のホテルを視察していたんです。そうしたら「福岡に明日行きます」と連絡が。スピード感に驚き、店舗開発の熱心さにも鍛えられました。

一覧を見る

次世代リーダー/エグゼクティブのためのヘッドハンティング転職サイト

転職可能性の最大化

400名以上のヘッドハンターと8ヵ国、30拠点以上のネットワーク。80,000件以上の求人案件と、厳選した多数の非公開案件。あなたに最高のステージをご用意。

スマートな転職サポート

ヘッドハンターのスカウトメール、面接日の調整や条件交渉までも代行。エグゼクティブをスマートにサポート。

優れたコンテンツと転職実績

日経グループの良質なコンテンツと、22万名以上の転職実績を誇るリクルートエージェントのノウハウ。強みを結集してエグゼクティブを支援。

安心できるサービスを無料で提供

日経グループ、リクルートグループでは、厳しい個人情報保護ポリシーを適用。すべてのコンテンツとサービスは無料。全力でエグゼクティブの信頼に応えます。

ピックアップ求人


このサイトについて

日本経済新聞社について