1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

辞めるべきか、残るべきか 正しい退職時機の見極め方

ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

会社を辞めるタイミングの判断は難しい。写真はイメージ=PIXTA

就業中の状態で転職活動を開始された方々からの質問で特に多いのが、「いま退職するという判断が間違っていないだろうか?」というものです。とりわけ転職経験のないミドル層に集中しています。40歳を過ぎて初めての転職であれば、当然の不安といえるでしょう。

「会社を辞めるという判断が早すぎるのか? 妥当なのか?」。今回は、自分にとって適正な退職・転職の決断タイミングを、いくつかの事例から考えていきます。

退職前に転職先が決まっている人は37.8%

「転職活動」と一言でいっても、

  1. 前の職場を退職するフェーズ
  2. 次の職場・仕事を探すフェーズ
  3. 次の職場・仕事を決めるフェーズ

の3段階があり、人によって、また仕事環境によって、これら3つの作業が同時進行でできる場合とできない場合があります。特に40代以上のベテラン層になると、働き盛りで仕事が忙しいことや、慣れない転職活動で思うように集中できない、といったこともよくあります。

実際に転職を経験した方々はどうなっているのでしょうか。リクルートワークス研究所の「全国就業実態パネル調査2018」によると、退職を決めた時点で次の職場が決まっていた人は、正社員の場合で37.8%。逆に新天地が決まらないうちに退職した人は41.5%となっています。

退職決定と次の就職先が決まったタイミングが同時だったという人が12.3%、どちらか不明な人が8.4%いるので、退職時点で次の転職先が「決まっている」「決まっていない」の割合は、ほぼ半々といっていいでしょう。

年齢が上がれば上がるほど、転職先が見つけづらくなる構造を考えると、本来的には「次の転職先を見つけてから退職を決める」ほうが安全ではあります。しかし、時間の都合がつけられない、性格的に現職と同時進行では集中できない、早く転職しなければいけない事情がある、という場合には、「退職してから次の職場を探す」というのも、やむをえないケースはやはり出てきます。

40代で初めて退職を決意する瞬間

新卒入社から20年以上勤続し、愛社精神にあふれて活躍してきたベテラン社員は、いったいどんな時に退職を決意するのでしょうか。転職経験が少ない40代以上の事例をいくつかご紹介します。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

◆ケース1.社内政治の戦場となって焼け跡化

自分では意図しなくても派閥の色がついてしまうことがある。写真はイメージ=PIXTA

昨年転職したAさん(43歳)は老舗の化学系包装資材メーカーで営業部の管理職を務めていました。そんな中、創業者である会長(前社長)とその息子の取締役経営企画部長のグループと、創業者の弟である現社長とその娘婿の専務のグループで、後継者の椅子をめぐって主導権争いが繰り広げられる展開に。現社長が営業部長だった時代に若手社員として育てられた経緯もあり、現社長派閥と見られていました。一度は勢力を奪われていた会長派が、社長派の幹部社員の懲戒問題で一気に盛り返し、通常では考えられない報復人事により、Aさんも閑職へと追いやられる結果になったそうです。

「私自身はそんなに派閥意識はなかったのですが、いったん社長派と認識されてしまうとどうにも覆せない。優秀な若手はどんどん辞めていくし、当然、業績も下降する。山も谷もあると思っていましたが、さすがに焼け跡のように荒れていく会社を見て、もう愛想をつかしました」。Aさんは、同じ化学系の中堅材料メーカーに転職し、営業課長として活躍されています。

◆ケース2.トップダウンの暴走が止まらない

関西圏では知名度の高い住宅メーカーで、人事や総務などを担当する管理部長として活躍していたBさん(48歳)。一昨年の秋に退職を決意して、昨年1月に全国で介護施設を展開する介護サービス会社の人事部長として転職され、活躍中です。

Bさんの退職理由は、一言でいうと経営者の横暴なマネジメント。10年前に社長に就任した2代目社長の問題でした。就任直後は温厚で周囲の意見をよく聞いて判断していた人が、世代交代で先代の側近が引退していくと徐々に裸の王様に。会社の戦略の不安定さを警戒した幹部社員の忠告を聞かないばかりか、意に沿わない発言をする優秀な社員を左遷するなど、周囲を恫喝(どうかつ)するような態度が常態化するようになってしまったそうです。

人事を管轄していながら、不当な評価や離職率の悪化に対して何の手当もできず、無力感を感じて辞表を書いたということでした。

◆ケース3.上司との関係悪化でやりがい消滅

新人時代の先輩がそのまま上司と部下の関係になったというCさん(45歳)は、もともと5歳年上の上司とは長く良好な関係にありました。しかし、ある年度の営業の方針をめぐって会議の場で意見が対立。兄弟のような感覚の甘えもあって、つい言いすぎてしまったことが上司の怒りを買うことになったそうです。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「新しい期の始まりで組織のメンバーも変わったばかり。そんな重要な時に管理職のメンツを潰してしまった。今思うと完全に私が悪かった」。とはいえ、素直に謝罪する機会も作れないままにどんどん関係は悪化。ついには重要な仕事はひとつも与えられなくなり、居づらくなったCさんは胃潰瘍で1週間入院するようなことにまでなりました。

最後は奥さんから「とにかく健康でいてほしい。体を壊すような会社は辞めてほしい」と懇願されて、退職を選ぶことになったそうです。

◆ケース4.あと一歩の昇進ができず会社に失望

出世の道が絶たれたと知ったときのショックは大きい。写真はイメージ=PIXTA

大手自動車部品メーカーで、購買や営業などを歴任していたDさん(47歳)は、30代前半に海外支社へ赴任後の活躍で社内評価が高まり、北米やシンガポール、欧州などの拠点で異動を繰り返し、2年ごとの辞令のたびに昇進していくという、まさに幹部候補の道を突き進んでいました。リーマン・ショックの苦境も乗り越え、まさに自己貢献感を強く感じられるやりがいの多い日々を過ごしていました。

しかし、4年前に自分の管轄する支社で発生した不祥事をきっかけに、ポジションが停滞。同期の出世頭だったはずが、いつの間にか平凡な役割になってしまいました。「取締役は無理でも、せめて事業部長は狙いたいと思っていましたが、ある時、担当役員と話しているときに、それもかなわぬ夢だということが見えてしまったんです。そこからは完全に吹っ切れました」

Dさんは今、全く別世界だったウェブ動画サービスのベンチャー企業で、プレイング営業本部長として活躍しています。

退職の決断タイミングは、自己充足感で判断すべし

  1. 「辞めたいという気持ちは単なる自分のわがままではないのか?」
  2. 「もう少し頑張れば、また道は開けるかもしれない」
  3. 「一時、苦しくても、こんなに長く世話になった会社に後ろ足で砂をかけたくない」
  4. 「退職するにしても、時期尚早なのではないか?」

長年所属してきた会社、経験を積み上げてきた仕事、慣れ親しんできた仲間たち、いい転職先が見つからないかもしれない不安、家族や住宅ローンなどの責任……。「会社を辞めたい」と思っても、様々な思いや不安が頭の中をかけめぐり、判断に自信が持てなくなるという状況は当然のことです。

しかし、多くの方々の転職相談でお話を伺ってきた立場としては、「本当に決断を急ぎすぎていないか。自分の甘えではないか」と自分自身を疑う状態になっている方は、実際に転職すべきタイミングを迎えていると感じることがほとんどです。

40歳を過ぎて転職をする場合、早すぎる退職決断や、退職後の甘い見通しは命取りになりますが、決断が遅すぎても、チャンスをつかみづらくなるリスクがあります。

仕事を通じていかに自分自身が充足できているか、そして、その状態がどれだけ長く続けられそうか、ということは、最重要な判断基準です。転職はリスクの塊ですが、自分にとって大切なチャンスでもあります。自分にとって必要十分なベストタイミングを見きわめて、1分1秒でも長く、楽しく働ける時間をキープし続けていただければと思います。

黒田真行

 ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。著書に本連載を書籍化した「転職に向いている人 転職してはいけない人」(【関連情報】参照)など。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト