1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

それでも転職面接は「最初5秒の印象が10割」のワケ

経営者JP社長 井上和幸

面接では第一印象で多くが判断されることも。写真はイメージ=PIXTA

採用面接では、第一印象でかなりの部分が判断されるといいます。一方で、そうした初見に左右されてはいけない、人物の本質をちゃんと見るべきだという識者も多くいます。いずれにも理はあるのですが、それでもなお、面接における「最初の5秒の印象が10割」だと、エグゼクティブサーチ(幹部人材の紹介)に長らく従事してきた者として、また採用担当として数えきれない面接を経験してきた立場からも私は断言します。今回は、その理由と対策を説き明かしていきましょう。

なぜ、第一印象はそこまで重要なのか

「ガチャ」。応接室のドアが開き、応募者の顔と姿が、面接官であるあなたの目に飛び込んできました。

「初めまして、○○社の××と申します」

ここまでおよそ30秒。商談などの場面を思い返してみてください。おそらくあなたは、この段階で相手のおおよその印象をいったん固めているはずです。名刺交換などの挨拶を待つまでもなく、「感じが良さそうな人だな」「ちょっとこわもてでタフそうだ。きょうの商談は手ごわいかも」「なんだか気弱そうで自信なさげだなあ」などなど。

皆さんの中には、「メラビアンの法則」について読んだり聞いたりしたことがある方も多いのではないでしょうか。米国の心理学者アルバート・メラビアン教授が1971年に実施した研究で、「人は出会ったときの最初の数秒で第一印象が決まる」ということが明らかになりました。そしてこの第一印象は、一度形成されてしまうと、その後はなかなか払拭するのが難しいことも証明されています。

さて、そこで面接です。面接官は応募者について、全く同じ印象判断を図らずもしています。

「そんなのひどい。優れた会社であれば、人事担当や経営者は、第一印象などにとらわれず、応募者の本質的な部分をしっかり見るべきだ」。そう思いますよね。そして、そう思っている面接官は、実は結構多くいます。私も、かつてはそうでした。

ところが、「第一印象にとらわれず、応募者の本質的な部分をしっかり見るべきだ」が妥当でないケースがかなりあるのです。たとえば、採用するポジションが営業や宣伝など外回りが中心の「外交職」だった場合です。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

どんなに「本質的には良い人・できる人」であったとしても、営業、代理店・FC(フランチャイズチェーン)の統括、人事、広報・IR、もちろんマネジメントの立場に就く人など、「第一印象で取引判断される職種・立場」であれば、最初の印象が素晴らしいものでなければ、問答無用でスタートラインにすら立てません。

ですから、こうした職種・立場の人を採用する際には、絶対に面接官が受けた第一印象を捨ててはいけないのです。逆に、優しい面接官が、応募者の内面の良さなどを引き出し、望ましくなかった第一印象を補うかたちで採用を決定した場合、その人はやはり望ましい第一印象を業務上のステークホルダーに与えることができません。そのために苦労し、十分な成果が上がらないといったことになりますから、結果としては当人のためにも会社のためにもなりませんよね。

一事が万事。面接で第一印象の良い人は、普段の営業や折衝の場面などにおいても好印象を与えるでしょう。逆に第一印象が悪い、自信なさげな人の場合は、平素の対人コミュニケーションにおいても同様のネガティブな印象を相手に与えてしまいます。面接という舞台でそうなのですから、普段はなお一層と考えられます。

そもそも人の資質的な側面は、初見を中心とした「外見の印象、雰囲気」に出るものです。精神的に健康か、活力があるか、知的か、協働力があるか、などなど。日ごろから精神的にも肉体的にも良いコンディションであるよう努めることこそが、いざ面接の場での好スタートを決定づけるのです。

第一印象が重視されない人、悪用する人

コールセンターなどバックオフィス業務は長い付き合いでのコミュニケーション力が大事。写真はイメージ=PIXTA

一方で、初見よりも、長い付き合いでの印象やコミュニケーションが非常に大事な職務もあります。それは、総務・労務、長期プロジェクトのマネジャー、コールセンターのようなバックオフィス部隊の統括などです。

これらの職種の人を採用する際には、初見の印象ではなく(もちろん良いに越したことはありませんが)、継続的なコミュニケーションを経た上での好ましさ、感じの良さ、粘り強さなどをしっかり見極める必要があります。こうした職務に就く人、特にそのマネジメントに当たる人は、短期決戦で息切れしてしまっては困るのです。噛(か)めば噛むほど味の出てくるような人材が適任といえます。

「第一印象が10割」ではありますが、初見の印象だけで生き延びている人もいるので要注意です。1、2年で転職を繰り返すジョブホッパー、特に外資系企業を渡り歩くタイプには、このたぐいの人が潜んでいることが少なくありません。最初の印象の良さ、自己プレゼンテーションのうまさで採用選考をすり抜け、いざ着任してからは、ボロが出ないうちに何やかやと理由を作ってまた次の職場に自分を売り込み、移っていきます。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

採用時には、逆の意味で「最初の印象の(異様な)良さ」には注意を払うべきなのです。直近で短期の離職や転職を繰り返している人については、特に気をつける必要があります。

第一印象はこうして改善する

面接では口調や話の早さなどの聴覚情報も重要だ。写真はイメージ=PIXTA

では、どうすれば第一印象を良くできるのでしょうか。

前述の「メラビアンの法則」では、初対面の人についてどんな情報を優先して判断しているかについても調べています。その結果、「話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%」だったそうです(「7-38-55のルール」といわれる)。ここから第一印象改善への具体策が得られます。

(1)視覚情報をコントロールする

まずは第一印象の55%を占める視覚情報を良くするように努めましょう。明るい表情、活力ある雰囲気は、自分の気持ちをしっかり引き上げることで誰でも生み出せます。笑顔を意識し、相手への好意的な態度に努める、話す際にジェスチャーを交えるといったことも重要でしょう。また、正しい姿勢や清潔感のある身だしなみなど、当たり前のこともおろそかにしてはいけません。

(2)聴覚情報をコントロールする

次に38%の影響がある聴覚情報です。ここでいう聴覚情報とは、話の内容ではなく、声のトーンなどの話し方を指しています。視覚情報と同じく、明るく話す、活力ある強い声音を出す。また、笑顔で話す、相手の目を見て話すなど。印象を左右するものとして、早口にならない、伝わりやすく聞き取りやすいトーンで話すといったことも重要です。自分では気づきにくい部分でもあり、こうした点で損をしている方が非常に多いと感じます。

(3)7%の言語情報もぬかりなく

視覚情報と聴覚情報で93%決まってしまう訳ですが、かといって言語情報をおろそかにしてよいわけではありません。大事なのは、話の内容が視覚情報や聴覚情報と合致しているか。例えば、見た目や話し方はエグゼクティブそのものなのに、会話の内容が幼稚では、逆に印象評価を著しく損ねます。そもそも、面接相手に内容がしっかり伝わっているか、独りよがりで話していないかといった部分にちゃんと気持ちがいく人かどうかは、あなたの印象を大きく左右します。

「転職の成功に必須 『デキる人』と思わせる5つの裏技」でお話ししたことも含め、面接の際には「ドアが開いた瞬間に、勝負が決まる」つもりで、外見も内面もしっかりセットアップして臨んでいただければと思います。皆さんにとって、新たな道が大きく開ける2019年になることを祈念しています。

井上和幸

 経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト