1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

学んだことはすぐ語れ 転職に生きる情報人脈の築き方

エグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

情報のインプット、アウトプットを繰り返し、リアルの人脈を築くことも重要。写真はイメージ=PIXTA

新年を迎え、「今年はこんな経験を積みたい」「こんなプロジェクトに携わりたい」など、キャリア構築という観点での目標を定めている方も多いのではないでしょうか。業務経験に磨きをかけると同時に取り組んでいただきたいのが、情報収集の習慣化です。今回は私自身が日ごろどのように情報をキャッチアップしているのかをお伝えしながら、将来のキャリアの可能性を広げる情報のリサーチ力の高め方について考えていきます。

キャリア構築につながるキーワードとは

転職、あるいは今後のキャリア構築を考えるとき、忘れてはいけないポイントの一つが「時代のニーズに即応しているか」です。どんなに努力して学んでも、スキルを磨いても、それらの知識や経験がこの先必要とされなくなる可能性もあります。人工知能(AI)など、進化していくテクノロジーに代替されるもの、そうでないものを見極めていく目を養う必要があるといえるでしょう。

一方、業種の垣根を越えて新規事業に取り組む動きが活発化している中、自身のキャリアがまったく異なる分野で生かせるケースも増えています。それに気付いた人は、何十年も身を置いた企業で、例えば事業撤退などにより居場所を失ったとしても、異業種の企業から請われて転職を成功させていたりします。

転職を検討する際、転職エージェント側から提示された選択肢の中から選ぶだけでなく、「今、どんな業界、どんな課題を抱えている企業で自分の経験が生かせそうか」を自分で想定できるようにしておいてください。さらには、エージェントに対し「自分はこんなテーマに興味があるが、それに注力している企業はどこか」「自分がベンチマークするのは○○社、○○社などだが、これらに類する企業の求人はあるか」といったように、具体的なキーワードの投げかけができるように感度を高めておきたいものです。

時代のニーズの変化と自分のキャリアをどうマッチさせていくか。それをつかむには日ごろから「リサーチ力」を高めておくことが大切です。私も転職エージェントとして、新たなチャレンジをする企業とキャリアを生かしたい転職希望者を適切にマッチングさせるため、最新情報の収集を続けています。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

新聞で気になったキーワードを深掘り

近年、ビジネスニュースは通勤中などにスマホで見る方が多いことでしょう。しかし私の場合は、今も「新聞紙派」です。ニュースサイトでは、興味のあるタイトルだけをクリックしがちですが、新聞紙をパラパラめくっていくと予想外の大切なキーワードが目に入ってくるからです。記事サイズの大小により、そのニュースの重要度もおおよそつかめます。

私は日本経済新聞を1週間分ほどためておき、出張に向かう新幹線内で、あるいは土日にチェックします。そこで、「最近このテーマは旬なのかな」「この分野で新しいムーブメントが起きているな」「この企業のニュースをよく見かける」といったキーワードを拾い、アマゾンで検索して関連する書籍を購入します。

新聞をまとめ読みするからこその気づきも。写真はイメージ=PIXTA

例えば最近では、講演を依頼されたのを機に、「事業承継」というテーマを研究しました。アマゾンでタイトルや書評を見て期待できそうなものを10冊ほど購入。しかし、パラパラめくってみると私自身の課題とはズレている内容のものもあります。テーマは同じでも、ノウハウ、ケーススタディー、あるいは社会全体を俯瞰(ふかん)して本質に迫るものなど、本によってアプローチはさまざまです。

そこで、私が知りたいことが書かれている5、6冊に絞り、「斜め読み」していきます。隅から隅まで読破することはあまりなく、全体像をつかんだ上で、自分に必要な部分だけをインプットします。

さらに、「ここはもう少し深めておきたい」「実際に携わっている人の生の声を聞きたい」と思った場合は、その分野に詳しそうな方にフェイスブックのメッセンジャーでコンタクト。ランチに誘うなどしてお話を聞かせていただきます。著者の方の講演、関連するセミナーなどに足を運ぶこともあります。

インプット→アウトプット→インプットのサイクル

私は書籍、さらに講演、セミナー、勉強などでインプットをしたら、そこで終わらせないようにしています。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

講演やセミナーでは、登壇者だけでなく参加している方々とも名刺交換し、フェイスブックを中心にネットワーキングを図っています。そして、そのイベントで聞いた話に対する感想、そのテーマについて自分が考えていることをフェイスブックに投稿する際、その方々をタグ付けさせていただきます。

すると、その投稿はタグ付けした方の友達の目にも触れるわけです。その中には私のメッセージが響く方も何人かいて、「今度このテーマの会合を開くんですが、参加されませんか」といった誘いのメッセージをいただくこともあります。

このように、自分が興味を持ったテーマについてインプットしたことを交流サイト(SNS)でアウトプットすることによって、同じ課題意識を持つ人との交流が生まれ、次のインプットの機会を得ることにつながっています。

もちろん、SNSに限らず、自分が学んだことを社内にフィードバックすることで、同じ課題意識を持つ社員とのつながりが生まれ、そこから情報を獲得できるかもしれません。

私はリクルートグループで採用コンサルティングの営業をしていた頃、担当マーケットだったこともあり「流通業界に強くなろう」と考え、コンビニエンスストアチェーンの研究をしていた時期がありました。各コンビニの戦略の違い、新商品・サービスなどの情報を仕入れては、社内のメンバーに話していたのです。そのうちに他のメンバーが「けさテレビで見たんだけど、あのコンビニがこんな取り組みを始めるらしいよ」と、わざわざ情報を教えてくれるようになりました。

自分が深めたいテーマを見つけたら、知識・情報のインプット→アウトプット→インプットのサイクルを築くことをお勧めします。新たなインプットをもたらしてくれる仲間からは、もしかすると希望の転職につながる情報も得られるかもしれません。

テーマが見つからないなら「話題の新刊」に注目

書店のベストセラーコーナーも情報の宝庫だ。写真はイメージ=PIXTA

「新聞やウェブニュースを見ていても、特に強く興味を持てるテーマがない。それでもトレンドは押さえておきたい」という方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、大型書店の売り上げランキングなどをチェックして、上位に入っている本を読んでみてはいかがでしょうか。

多くの方が読もうとする本には、何かしらひき付けるもの、役立つものがあると思います。また、大型書店内を歩き回りながら、本のタイトルを眺めてみてもいいでしょう。何かしらピンとくるキーワードが見つかるはずです。

私は「新聞紙派」とお伝えしましたが、新聞を読むときは記事だけでなく、下の方にある書籍の広告もチェックしています。ここには各出版社が「多くの人に支持されるはず」という確信を持っている本が宣伝されているわけですから、きっと旬を捉えた価値ある書籍情報ではないかと思います。

――昨今は、一分野だけの知識やスキルを究めるよりも、複数分野の知識・スキルの「掛け合わせ」によってキャリアの将来性やチャンスがぐっと広がる時代です。「このテーマなら自分に任せて」と言えるものを複数持ち、「自分ブランド」を構築するのが得策。ぜひ、時代の流れを読んで、今の自分に掛け合わせるべきテーマを発見してください。

森本千賀子

 morich代表取締役 兼 All Rounder Agent。リクルートグループで25年近くにわたりエグゼクティブ層中心の転職エージェントとして活躍。2012年、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。最新刊「のぼりつめる男 課長どまりの男」(サンマーク出版)ほか、著書多数。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト