1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

イチローの「外国人体験」に学べ ミドル転職の成功法

ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

イチロー元選手は引退会見で米国での「外国人体験」を語った

グラウンドを去った米大リーグ、マリナーズのイチロー元選手の引退記者会見で語られた言葉には、転職活動に役立つヒントが隠されています。転職活動は単に応募先から内定を得て入社するまでのプロセスではありません。前職の退職から転職先でのランディングが完了するまでの一連の活動全体を指すものです。その際、「入社後にどのようなスタートを切るか」という初動の巧拙は、長く転職先で働き続けられるかどうかを左右することになります。

移籍1年目にイチローが重ねた「見えない努力」

「アメリカに来て、外国人になったことで、人の心をおもんぱかったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れた」「孤独を感じて苦しんだことは多々ありましたが、その体験は未来の自分にとって大きな支えになると、いまは思います」。引退会見ではこういった言葉が語られました。

2001年、イチローを獲得したマリナーズは、結果的に年間116勝という記録を生み、プレーオフではア・リーグ優勝決定戦でヤンキースに敗れたものの、強烈なインパクトを残しました。242安打、打率3割5分、56盗塁で新人王とMVP(最優秀選手)を同時に受賞した選手となり、イチローの移籍に当初は懐疑的だった米国の野球ファンからも、移籍1年目にして圧倒的に認められる存在となりました。日本のプロ野球で評価されたスキルが、大リーグでも通用するかどうかというテーマを、結果によって証明し尽くしたわけです。しかし、その裏には、野球の技術的なこと以外での努力もありました。

移籍後のインタビューでイチローは以下のように語っています。「アメリカで成功するためには、英語を覚えることは必然だと思います。そしてできるだけ早く英語をマスターすることが自分にとっては大切なことだと考えています。でも、学校などで英語を習うことは考えていません。クラブハウスなどでチームメートと話すほうが、よっぽどためになると思うからです」(Mariners Magazine Vol.12. Issue 2)

外国人として、自分の伝えたいことを自由に伝えられないつらさ、通訳がいたとしても、百パーセント自分の思っていることは伝わらないもどかしさ、そのジレンマを越えて、チームに溶け込むために言葉の壁を乗り越えたことこそ、イチローのもうひとつの「見えない努力」だったのかもしれません。その努力の向こう側に「外国人になったことで、人の心をおもんぱかったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れた」という言葉が出てきたのではないでしょうか。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

転職でも「外国人体験」を意識したスタートを

転職経験のない人が初めて転職した場合には、イチローの外国人体験と同様の孤独や痛みの体験をする人は多いはずです。しかし、そうなることを事前に予見して、先手を打つことができれば、そのつらさを減らすことができます。もっと言えば、新しい環境にうまくランディングすることで、その後に活躍できる可能性が高まります。

転職経験者のうち、77.4%が内定・入社後に不安を感じたことがあると回答したそうです。転職サービスの「doda」が18年4月に実施した転職後の不安に関するアンケート調査(20~40代ビジネスパーソン550人を対象にしたインターネット調査)の結果です。

転職したばかりのうちは、分からないことだらけになりやすい。写真はイメージ=PIXTA

ちなみに最も不安を感じていた時期は、転職初日(33.7%)がトップでした。2位が内定後~入社前(27.6%)、3位が転職1週間以内(17.3%)と続き、転職1カ月以内に不安を感じる人が多かったという結果になっています。

転職後に不安を感じていた内容としては、「人間関係がうまくいくか」(87.7%、複数回答)が1位。2位が「仕事についていけるか」(85.2%)、3位が「職場(社風)になじめるか」(82.3%)となっており、全体的に「職場の人間関係や風土に溶け込めるか」という点に不安感が集中していることが明らかになりました。

溶け込み方には個人差がかなりあるようです。中途採用で入社した人と私が一緒に仕事をした経験の中では、入社後たった1週間ぐらいで、何年も前から一緒に仕事をしている感覚になってしまうような人もいれば、3カ月経過しても、周囲に遠慮して「お客様」状態が続く人もいました。実際に転職をした人たちは入社後に、どのような工夫をして職場に溶け込んでいったのでしょうか?

1)自己開示をする

人間関係の基本は互いを知るということ。そのためにまずは「自分を知ってもらうこと」に重きを置くという人がいます。初日の自己紹介はもちろん、歓迎会や飲み会などを絶好の機会としてうまく活用する人は多いようです。「笑顔であいさつをする」「同僚の名前をいち早く覚えて必ず名前で呼ぶ」など、当たり前のコミュニケーションを積み重ねていくことによって、接触量、会話量を高めていくことも重要になります。

2)質問魔、メモ魔になる

会議や仕事の進め方からゴミの捨て方、休憩の取り方まで、あらゆるルールがわからないことだらけというのが、転職初期の環境です。入社後しばらくすると、だんだん質問できなくなってしまうので、最初が肝心。わからないことは徹底的に質問して、メモに残すという工夫をしている人も多いようです。ここで恥ずかしがっていては、後々の生産性に後を引くことになりかねません。

3)職場の人間関係を把握する

自分自身のキャッチアップが終わったら次は組織全体に目を向けましょう。転職後、1カ月以内に、周囲をしっかり観察しながら、役職だけでは見えない仕事上のキーマンを把握し、個人的に相談できる人を見極めて、組織全体の力学や関係性をつかむ工夫をしてみましょう。相手が親しみを持って接してくれても、最初からいきなりフランクになりすぎず、それぞれの人のキャラクターや役割が見えてくるまでは様子を見ながら関係性を構築していくのがポイントになるようです。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

求められる「下から目線」と「現地・現物主義」

転職経験が少ない人に気を付けてほしいのが、うまくスタートを切れないNG行動です。特に、キャリアを積んでからのミドルの転職で出現率が高い、下記の3大行動は絶対に避けるべきです。これらは頭ではよくないとわかっていても、無意識のうちに態度に出てしまうので、かなり強く意識しておきたい要注意点です。

  • 前職のやり方にこだわり、新しい職場の流儀を受け入れない
  • 不明な点があっても質問をせずに自分なりの判断で推し進めてしまう
  • 社風に合わせる努力をせず、我が道を行くスタイルを押し通す

前職の働き方を新職場に持ち込むと、煙たがられてしまいがちだ。写真はイメージ=PIXTA

「昔取った杵柄(きねづか)」がいくら立派でも、前職で培った実績は前職の環境だけで評価されるべきものです。スキルや経験があればあるほど、プライドは横に置いて、まずは「郷に入れば郷に従え」を徹底的に実践すべきだと思っています。

自信があることと、尊大な態度はまったくの別物。入社後に円滑な人間関係を構築しやすい人は、管理職であっても「上から目線」ではなく、「下から目線」を持ち、素直さと学んでいく姿勢を持ち続けられる人です、

論理や理想を振りかざすのではなく、なにごとも現地に行って目で確かめることや、現物を見て触って覚えること、現場の人たちと直接触れ合い話し合うことなども、入社当初のうちから周囲に自分を知ってもらうために大切な仕事のスタンスです。

4月は多くの職場で新しい節目となります。春から環境が変わる人にはぜひ今回取り上げた心構えを生かして、いいスタートを切ってもらいたいと思います。

黒田真行

 ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。著書に本連載を書籍化した「転職に向いている人 転職してはいけない人」(【関連情報】参照)など。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト