1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

最新型「上司4.0」とは 仕事以外に2つの「シゴト」

経営者JP社長 井上和幸

求められる上司像は変化を重ねて、一昔前とは様変わりしつつある。写真はイメージ=PIXTA

転職を考えるミドルやシニアにとって、「これからの働き方」「これからの上司像」に合致することができるか否かは、採用可否にダイレクトに関わる問題となってきました。背景には就労価値観の変化、ワークスタイルの変化があります。その一端はこの4月から施行された働き方改革関連法にも表れています。今回は、求められる上司像をリーダーシップの発展理論から明らかにしてみます(以下の考察は小杉俊哉THS経営組織研究所代表社員と当社の共同研究「リーダーシップの発展理論」に基づいています)。

企業組織が登場・発展してきたこの数世紀の社会経済の中で、管理型リーダー(「1.0」)からカリスマ型リーダー(「2.0」)へと変わり、そしていま、支援型スタイルのリーダー(「3.0」)に注目が集まり、さらにこれから自己実現型のリーダー(「4.0」)への移行が進んでいくと私たちは見ています(「リーダーシップ3.0」「同4.0」は経営者JPの登録商標)。言い方を変えればこれは、「上司1.0」「上司2.0」から「上司3.0」「上司4.0」へと上司像が移り変わっているということです。

転職をお考えの40代・50代の人も、これから求められるミドル・シニアであるために、これからの新天地での活躍を確かなものとするためにも、ぜひ「上司3.0」「上司4.0」スタイルを身につけてほしいと思います。その裏付けとなる「リーダーシップ1.0」~「リーダーシップ4.0」について解説してみましょう。

ボス型→調整者型→変革者型とリーダー像は変化

「リーダーシップ1.0」は、産業革命を受けて登場した企業組織においてまず最初に編成された、古典的な官僚型組織、権威型組織でのマネジメントを指します。権力、権限をふるうトップダウン型のスタイル、強権発令で「あれをやれ」「これをやれ」と指示するボスがこれに当たります。大量生産型で産業が勃興し急成長のギアが入った時代に、定型的な製品を拡大再生産するには適したスタイルでした。管理統制型であるがゆえに、かなり内向きなリーダーシップでもあります。

ちょっと興味深いのは、日本の高度成長時代に見たリーダーシップスタイルです。私たちはこれを「リーダーシップ1.5(調整者型)」と呼んでいます。これは、ムラ的でありつつ、その中で結構、現場を生かすことや意見を取り入れること、また集団としての仲の良さ、和気あいあいとしたものが組織に生かされるリーダーシップの時代でした。日本的雇用の「三種の神器(終身雇用、年功序列、企業別組合)」的なやり方が、世界のお手本とされ、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などともいわれて欧米が日本の組織を学びにきた時代でした。

さて、1990年代になると、グローバル化も進み外部競争が激化するなかで、「そんな内向きなやり方だけではつぶれてしまう」とばかりに、それまでのリーダーシップを否定するリーダースタイルが出てきました。「リーダーシップ2.0(変革者型)」です。

これは組織の方向性を大胆に提示して、部門間の再編・競争・交流を促すことによって組織を変革していくタイプのリーダーシップを指します。いわゆるカリスマ型リーダーですね。ジャック・ウェルチ氏やルイス・ガースナー氏など、個性が際立って見えるタイプのトップがグイグイと自社を率いていくスタイルが望ましくみえました。日本でも90年代から2000年代前半ごろまで、大手企業トップであれベンチャー起業家であれ、このタイプの経営者に注目が集まったような印象があります。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

次のリーダーシップは「自己実現」が軸に

そして現在。ここのところ、クビキリ文化のイメージがある米国などでも、「やっぱりレイオフ(一時解雇)をするにしてもレイオフのされ方の問題があるだろう」「ちゃんと情報共有して、社員全体の信頼関係をつくろう」「社内顧客として社員を扱おう」といった意識が非常に強くなっています。

90年代になって変革者タイプの「リーダーシップ2.0」が登場しました。しかし、変革や結果に対する過剰な圧力などによって、組織はギスギスし、メンタル不調も増えました。その間、一部の富裕層と一般労働者の格差が広がり、トマ・ピケティ氏のような不平等論が話題沸騰となり、“1% vs 99%”を掲げたウォール街占拠デモのようなことも起きました。そこで、また昔のようなコミュニティーのあり方が注目されています。

米グーグルの研究などを見ると、彼らがあれほどの最先端テクノロジーを持った会社で徹底的に大量の人員とお金を投下して、「いったい、一番生産性が高いやり方はなにか」を解き明かしてみたら、何と、日本企業が昔やっていたようなことが一番良いというような結論に至っています。非常に興味深い研究成果です。

コミュニケーションを重んじ、主体性や自律性を引き出す新タイプのリーダーが登場してきた。写真はイメージ =PIXTA

そのような状況を含めて、今、世界においても、日本においても、望ましいリーダーシップスタイルとなっているのが、「リーダーシップ3.0」です。これは、リーダーが組織全体に働きかけ、ミッションやビジョンを共有し、コミュニティー意識を養う。同時に個人個人とも向き合い、オープンにコミュニケーションを取り、働きかけて、組織や個人の主体性、自律性を引き出すスタイルと定義付けられます。一般的には「サーバント・リーダーシップ」などと言われているものとほぼ同義です。

さらに我々はその先の予兆も感じています。「リーダーシップ4.0」です。

「リーダーシップ4.0」の定義は、今後、さらに明確化していくことになると思いますが、現時点で解説するならば、「自己実現」のようなものが軸となるリーダーシップととらえています。

マーケティングの父、フィリップ・コトラー氏は「マーケティング4.0(自己実現)」と言っており、組織論の大家であるピーター・センゲ氏も「ラーニング・オーガニゼ―ション(学習する組織)」を極めていくなかで、共著書『持続可能な未来へ』では、古(いにしえ)から学び、過去と未来の架け橋となり、両方を受け止めながらリーダーシップを発揮することとかなり精神性の話になってきています。

「リーダーシップ4.0」とは、全ての人がリーダーであるとも言い換えられます。自分自身に対してリーダーシップを発揮しないと、「今、この環境の中で、ただ言われたことだけをやるんですか?」という話になります。自分のやりたいことに対して、自分が能動的に関わっていく――。「WHAT(テーマ)」を設定して、それに向かってやっていく。

そもそも組織としても、言われたことしかやらない集団は、もはや機能しなくなっています。一人ひとりがリーダーシップを発揮することを、一人ひとりが意識しないといけない時代になっています。これが「リーダーシップ4.0」です。

このように「リーダーシップ3.0」「リーダーシップ4.0」をスタイルとして体現していくことが、今後の上司として良い歩みを実現するポイントになるでしょう。「リーダーシップ3.0」を体現する「上司3.0」、「リーダーシップ4.0」を体現する「上司4.0」の登場です。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「仕事」と「私事」と「志事」を追う

「俺が俺が」の成果主義型「上司2.0」ではなく、現場のメンバーたちを主体に立て、彼らを動機付け支援する「上司3.0」が求められています。今後より望ましくは、上司である皆さん自身が自己実現をかなえるスタンスで周囲を巻き込んでいく「上司4.0」の時代が到来しつつあります。

ぜひ読者の皆さんも、ある面は青臭く、ある面は「公私混同」で、ご自身の仕事のミッション、ビジョンを掲げ、「ライフワークとしての仕事」にまい進していけるよう、そのような場づくり(場の獲得)と業務推進をと願います。

では、「上司4.0」であるには、どうすれば良いのか? 私は「上司4.0」であるうえで、次の3つの「シゴト」を明確化し統合することが、非常に重要であると考えています。

「仕事」――当たり前ですが、自分として「何としてもやり遂げたく(WILL)」「得意であり(CAN)」「周囲から求められる、喜ばれる(SHOULD BE)」ものであるかどうか、ぜひとも再確認を。どのような世代、職種、職位であったとしても、常にこの3つを極力満たした働きをするよう尽くすべきです。それがやはり、あなたのパフォーマンスを最も高いものとし、また将来に向けての成長もかなえてくれるものだからです。

「私事」――ワタクシゴト(プライベート)も当然欠かせません。私はワークライフバランスという言葉は嫌いで否定派ですが、「公」と「私」はバランスを取るようなものではなく、どちらもが欠かせないものであり、100%・100%であるべきものです。豊かなプライベート、充実したプライベートがあるからこそ、仕事での活力にもなり、またプライベートでの情報や経験がビジネスのヒント、アイデアになります。ミドル・シニア世代になってきますと、会社の人間関係、家族親類縁者との人間関係以外に、利害関係抜きの「第3の人間関係」での豊かな人脈を持っているかどうかが、後半人生のハッピー度合いを公私ともにかなり左右します。もし家と会社の付き合いしかないなと思う場合は、早めにどこか「人脈のサードプレイス」を持たれることをお勧めします。

新時代のリーダーは周囲を巻き込んで、自己実現までかなえていく。写真はイメージ=PIXTA

「志事」――上司としての道を歩まれていらっしゃる皆さんには、3つ目の「シゴト」(ココロザシ)をぜひとも抱いていただきたいと願います。大義ある者が、自分を奮い立たせ、周囲も巻き込み動かし、ことを成し遂げるのは、古今東西の業績・実績を残した成功経営者やリーダーたちが教えてくれることですから。

「仕事」と「私事」と「志事」、この3つの「シゴト」を統合し、進む人が、「上司4.0」としてこれから活躍するリーダーです。当連載読者のミドル、シニアのみなさんには、「上司4.0」としてこれからの組織、事業、企業を牽引してもらって、ぜひとも豊かで強い日本を「令和」時代に築いてほしいと願っています。

井上和幸

 経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト