1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

40歳からの「初めて転職」 失敗した人の敗因は?

ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

ミドル転職に成功したのに、実力を発揮できないケースには主に5パターンがある。写真はイメージ=PIXTA

ミドル世代の転職者が増加しているようです。4月9日付の日本経済新聞朝刊で、リクルートキャリア、ジェイエイシーリクルートメント、パーソルキャリアなどの人材紹介会社で、50歳以上の転職者がそれぞれ3年で倍増したというニュースが掲載されました。一方で、富士通やNECなど大手企業の間では、45歳以上の社員を対象とした早期退職募集が相次ぐなど、業界や職種によってかなり温度差が広がっているようです。そんな環境下で、転職を考えるミドル世代が注意しておくべきこととは何か? 今回はミドル世代の「初めての転職」にスポットを当ててみたいと思います。

ミドル転職に多い失敗のケースとは?

私が過去にお話をうかがってきたミドル世代の求職者の中で、40歳を超えて初めて転職した人のケースでは次のような失敗例があります。(ちなみにここでいう成功・失敗の定義は、ご本人の感じている「満足度」と、転職先で継続して働き続けているか、再転職をしようとしているか、すでに再転職を実行したか、という観点で分類しています)

敗因その1 任されるはずのミッションが実際には異なっていた

「海外向けの営業企画マネジャーとして入社したはずが、プロジェクトの中断により、入社から2週間で、購買や物流の仕事に異動となってしまった。担当役員からは一時的なものと説明されたが、会社への信頼感が一発で消えてしまった」というようなケースです。特に大企業から朝令暮改が当たり前のオーナーシップの強いベンチャー企業などに転職した場合に起こりがちなケースです。

敗因その2 入社前に聞いていた労働条件と違う

手当が含まれるか含まれないか、賞与の算出方法が違う、口頭で聞いていたのと年間休日が違っていた、想像以上に出張が多く移動時間として休日も休めない、など、基本的な労働条件が事前の話と異なるケースも多々あります。細部こそ楽観視せずに、条件通知書や就業規定など、内定受諾の前に確認しておきましょう。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

職場の人付き合いや手順の変化もつまずきの原因に

敗因その3 人間関係の構築に苦労する

中途採用者の入社初期は、もともといる従業員にとっては異物です。人間関係を構築するのはただでさえ難しいのは当たり前です。これまでの社会人経験で身に着けた考え方、習慣にしがみつかずに、まずは「郷に入れば郷に従え」という教えを徹底的に実行して、その後、経営や上司からの意思も勘案しながら、うまく立ち回っていきたいものです。

以前の職場環境に慣れすぎていると、転職先で周囲が違和感を覚えがちだ。 写真はイメージ=PIXTA

敗因その4 これまでの経験が思うように生かせない

仕事内容や責任範囲は事前に確認しているものの、サポート体制や、責任範囲の業務の進め方が違って、学び直さなければいけないことが多くなってしまい、「即戦力としての期待に沿えない」と、自信をなくしてしまう人もいます。内定さえ決まったら、人事だけでなく、上司や同僚や部下になる予定の人たちからも入社前に話を聞き、仕事の進め方イメージを固めておきたいところです。

敗因その5 会社の風土になじめない

仕事内容がフィットしていて、条件に問題はなくとも、一緒に働く人たちと価値観や考え方が違うと、どんなにタフな人でも、多かれ少なかれ心の中に孤独感や罪悪感が生まれ、心理的にダメージを受けてしまいます。希望の条件に近い仕事で内定を得ると、気持ちが高揚して楽観的になってしまいがちですが、実際に仕事を始めたら、近しい関係になる人とのカジュアルミーティングの設定を依頼するなど、風土を知る機会を作ることも重要です。

転職失敗の背景にある「環境落差」

転職による心理的満足度は、単に自分の経験やスキルと募集企業側のニーズがかみ合ってマッチングが成立したことだけでは推し量れません。

特に、10年、20年と一つの会社の中でキャリアを積み上げてきた人がその環境を最初に離れる初回の転職においては

  1. 上司や部下の能力レベルが一定の範囲の中にある「人的環境」に慣れている
  2. 事業が目指す方向性や仕事に求める価値観が近しい「風土環境」に適応している
  3. 仕事の進め方や役割ごとの業務範囲定義が安定した「執務環境」が前提になっている

という三重階層の「慣性の法則」に、知らず知らずのうちに縛られていることが、見えない壁となって心理的な違和感を増幅させてしまうことが多くあります。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

たとえば、一緒に働く人の能力がある程度そろっていると感じられていた環境から、ベンチャーのように能力もキャラクターも多種多様な人が入り混じった環境に変わった場合は求められる平衡感覚も違ってきます。以前の目的・ビジョンが当たり前だと思っていた人は、全く異なる価値観と出会ったとき、「常識」だと思っていたことを上書きする力を求められます。

「前の勤め先のほうがよかった」と後悔しないためには、やりたいことや転職目的の確認が大切になる。写真はイメージ=PIXTA

営業や企画といった職種に求められる役割範囲や定義が異なっていたときに、それらを修正する能力も必要です。これらのような、今まで経験したことのなかった複合的な環境変化が一挙に押し寄せてくるなか、それぞれに対応しながら、成果を生み出していくプレッシャーに立ち向かわなければいけなくなります。それが初めてのミドル世代転職の最大の壁であり、転職成功を難しくさせる根源にあります。

ミドル世代の転職成功者に共通する3つの要素

逆に言うと、初めての転職を経験してしまうと、2度目以降の転職をすることになった場合には、貴重な経験知が残ることになり、同じ失敗を繰り返したくないという学習効果が機能して成功確率が高くなります。しかし、その一方で、初回の転職であっても、十分納得できる仕事に就くことができて、「転職は成功だった」と思っている人もたくさんいます。ミドル世代になってからの初めての転職であっても、自分なりに満足度の高い転職に成功した人は、どこが違うのでしょうか?

1)「経験・条件」より「やりたいこと」重視

経験を長く積み上げてきた人ほど、その財産を生かしたいと考えるのは当然のことです。しかし、前職でやってきた業種や職種、また、役職・待遇・給与水準などの条件にこだわりすぎ、「前職と同等かそれ以上」という条件で転職先を探すと、想像以上に選択肢を狭めてしまうリスクがあります。これまでの経験で培った能力を生かして新たな領域にチャレンジするケースや、これまでやりたくてもできなかったことに取り組む方のほうが、転職後の満足度が高いケースが多くあります。また、転職直後の年収や役職よりも、5年後10年後に得られるものを想定して動く方は、そのぶん選択肢が広がるために、心理的満足度の高い仕事に出会える可能性が広がるようです。

2)縁やネットワークを生かし切る

これまでの仕事人生の中で得た人とのつながりをいかに生かせるかどうかも重要なポイントです。転職を検討し始めた時に、過去の上司、同僚、取引先など、自分をよく知ってくれている人的なネットワークを見直し、多様な人にアドバイスやヒントを求めることで思いがけない道が開けることも多いようです。また、自分との距離が近い人には、自分自身の客観的評価について意見を求めることで、新たな可能性や思わぬ課題発見につながるメリットもあります。

3)自分にとっての転職目的、譲れない条件を明確化する

仕事への満足度は多様な変数・観点で揺れ動きます。「自分は何のために転職をするのか?」「何が得られたら成功なのか?」という目的や成功の定義を、自分なりの尺度として明確化しておくことが重要です(できれば活動開始時点で言語化しておくことをお勧めします)。この軸が定まっていないと、隣の芝生が青く見える現象や、見落としていた重要条件を転職後に発見して後悔するということになりかねません。

40歳を超えてからの初めての転職は、人生で数少ない重要なターニングポイントです。不安やリスクを最小に抑えて、ぜひ自分にとって有意義なものにしてもらいたいと思います。

黒田真行

 ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。著書に本連載を書籍化した「転職に向いている人 転職してはいけない人」(【関連情報】参照)など。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト