1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

グーグルが出した「最終解」 理想のリーダーとチーム

経営者JP社長 井上和幸

米グーグルがまとめた「最高のマネジャーになるための8つの習慣」は「よいコミュニケーターであれ。そしてチームの声を聞け」と説く。 写真はイメージ=PIXTA

人事関連の人たちや人材業界では大きな注目を集めたグーグルのプロジェクトが2つあります。最高のマネジャーになるための8つの習慣を明らかにした「プロジェクトOxygen」と、チームを成功へと導く5つの鍵を明らかにした「プロジェクトAristotle(アリストテレス)」。今回は、この2つについて見てみることで、ミドルシニアの皆さんの転職力をアップさせるポイントに迫ってみたいと思います。

まずはグーグルが2009年に実施した社員対象の大規模調査「プロジェクトOxygen」の結果から見てみましょう。このプロジェクトでは「優秀なマネジャーはどういう人か?」を、グーグルの従業員を対象にリサーチしました。

人事考課、フィードバックサーベイ、表彰、その他のリポートなどからマネジャーに関する1万件に及ぶデータを集め、そこから100の変数を抽出。そのデータの中からパターンを見出して仮説を構築し、仮説を踏まえて、マネジャーとのインタビューを実施。仮説の検証とバージョンアップを繰り返し、およそ1年をかけてのプロジェクトの研究結果をまとめたものです。

その結果、グーグルの最高のマネジャーは次の8つの習慣を持っていることが判明しました。

■最高のマネジャーになるための8つの習慣 (by プロジェクトOxygen)

  • 習慣1 よいコーチであれ。
  • 習慣2 部下に権限を委譲せよ。マイクロマネジメントはするな。
  • 習慣3 部下の成功と幸せに関心を持て。
  • 習慣4 くよくよするな。生産的で結果志向であれ。
  • 習慣5 よいコミュニケーターであれ。そしてチームの声を聞け。
  • 習慣6 部下のキャリアについてサポートせよ。
  • 習慣7 明確なチームのビジョンと戦略を持て。
  • 習慣8 チームにアドバイスができるように技術的なスキルを磨け。

興味深いのは、この8つの並びが重要順であることです。習慣1から順に、最高のマネジャーとしての最重要順、必須順となっているというのです。

グーグルはご存知の通りIT(情報技術)会社ですが、重要なのはむしろ良い雰囲気づくりや前向きなチームづくりであって、専門的な技術スキルはこの中では最下位となっています。どうでしょう? 興味深くありませんか?

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

働き手が辞めてしまう「3つの理由」

そもそも「プロジェクトOxygen」は、「従業員が会社を辞めるのには3つの理由がある」という基本認識に基づいてスタートしたそうです。

1)会社のミッションと自分の仕事との関連性が見えない。自分の仕事が大事だと感じられない。

2)職場の人間を好きになれない、尊敬できない。

3)上司がひどい。

中でも3)が最も重大な変数だといいます。グーグルをして、どこかのイケていない企業、やる気の感じられない組織のような姿が垣間見えるのがまた、何とも興味深いところです。

最高のリーダーとは「よいコーチであれ」「部下に権限を委譲せよ。マイクロマネジメントはするな」「部下の成功と幸せに関心を持て」というようなことだと、「8つの習慣」は指し示しているようにみえます。最先端のテック企業が明らかにした理想のリーダースタイルは、昭和からいわれてきた日本企業のそれと酷似しているのです。

そもそも良きマネジャー、リーダーとは、部下に「主体性」「やりがいとテーマ」「成長実感」を持たせ、それを支援する人です。最高のマネジャーに関するグーグルの最終解もまた、このことを8つの習慣として表現しています。これは腑(ふ)に落ちますね。

HR(Human Resources)に関するグーグルの研究成果のもう一つは「チームを成功に導く鍵は何か」に関する研究です。

グーグルは12年に、生産性の高いチームが持つ共通点を見つけるための調査を開始。「プロジェクトAristotle(アリストテレス)」と名付けられたこの調査に、約4年の歳月(プラス数百万ドルともいわれる予算)を費やした結果、「チームを成功へと導く5つの鍵」を明らかにし、15年に発表しました。

■チームを成功へと導く5つの鍵(by プロジェクトAristotle)

  1. 心理的安全性(Psychological safety)
    不安や恥ずかしさを感じることなくリスクある行動を取ることができる
  2. 信頼性(Dependability) 限りある時間を有効に使うため、互いに信頼して仕事を任せ合うことができるか
  3. 構造と明瞭さ(Structure & clarity)
    チーム目標や役割分担、実行計画は明瞭であるか
  4. 構造と明瞭さ(Structure & clarity)
    チーム目標や役割分担、実行計画は明瞭であるか
  5. 仕事のインパクト(Impact of work)
    自分の仕事が組織内や社会全体に対して影響力を持っていると感じられるか

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

時代や業種を超えて、変わらない原理原則

ここでチームの生産性を高める、最も重要な要素として「心理的安全性」が挙げられ、その後、バズワードにもなっています。

グーグルはこの研究結果を15年11月に自社の情報サイト「re:Work」に掲載しました。その発表の中で、「心理的安全性は(成功するチームに含まれる単なる1要素ではなく)その他の4つの力を支える土台であり、チームの成功に最も重要な要素である」と述べています。

「心理的安全性」とは、チームメンバーがリスクを取っても大丈夫、安全だと感じ、お互いに対して弱い部分をさらけ出すことができる状態を指します。

成功するチームには「心理的安全性」のうえで、「信頼性」「構造と明瞭性」「仕事の意味」「仕事のインパクト」が大事。心理的安全性や仕事の意義・意味を提供できる、やりがいある仕事をメンバーに提示できるチームこそが成功できるのだといいます。

これらの結果はどれもその通りなのですが、リクルートOBの私としては、こうしたことはおおむね江副さん(同社の創業者、江副浩正氏)が同社創業からほどなくして以降、一貫して言っていたことなので、その意味で感慨深く感じるのです。ことさらに私の古巣を称賛しようという意図は、もちろんありません。要するに、日本とかアメリカとか、あるいは、80年代とか2000年代とかいったことではなく、もっと前の時代から、古今東西、実はこうした原理原則は変わらないのだということです。

これまでのことを、あえて一言でまとめると、チームの「心理的安全性」とメンバー個々人の「モチベーション」こそが、結局は良いチームをつくることにつながると考えられます。そして、良いチームをつくることができるということが、ミドルシニアの皆さん自身のキャリア価値や転職する際にあなたの価値を最大化することになるのです。

どうでしょう? おそらく皆さん自身が何となくでも思っていたり、やってきたりしことであり、また、「あの上司は素敵だな、尊敬できるな」という人がやっていることと、かなりの部分で合致するのではないでしょうか。

ミドルやシニアの皆さんはマネジメントにおいて、自分ではこれが望ましいと思う、このやり方でチームを良くしたい、と内心思っていても、なかなか確信も持ちきれず、「これでいいのだ」と決めきれないことも少なくないですよね。

そういう意味では、このグーグルのプロジェクトOxygenとプロジェクトAristotleの結果は、私たちの迷いを払拭してくれるというところにこそ、大きな価値があると思うのです。

ミドルシニアが転職で成功するために、グーグルが明らかにした「理想のリーダースタイル」と「理想のチーム像」をしっかり理解し、極力、それを実現することに務める。

できる人だと応募先企業があなたのことを思えば、鬼に金棒。改めて、これまでのあなたのマネジメントスタイルやチーム作りについてチェックし、このグーグルが最終解答を出したマネジメントスタイルとチーム作りの鍵を携えて転職活動に臨んでください。

井上和幸

 経営者JP社長兼CEO。早大卒、リクルート入社。人材コンサルティング会社に転職後、リクルート・エックス(現リクルートエグゼクティブエージェント)のマネージングディレクターを経て、2010年に経営者JPを設立。「社長になる人の条件」(日本実業出版社)、「ずるいマネジメント」(SBクリエイティブ)など著書多数。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト