1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

転職先で人間関係どう築く ランチと飲み会で情報収集

エグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

飲み会の席では社内のディープ情報を引き出しやすい。写真はイメージ=PIXTA

下半期スタートのタイミングで転職・異動・出向などをした方々に向けて、前回記事では「転職・異動先へのNG言動」をお伝えしました。今回は、新しい職場で同僚たちとの人間関係を作っていくためのコツをご紹介しましょう。ポイントはランチや飲み会の活用です。(前回記事「だからあなたは嫌われる 転職・異動先でのNG言動」)。

まだお互いにぎくしゃくしている状態の同僚たちと手軽にコミュニケーションを取るための手段として有効なのが、「ランチ」です。ランチは誰もがとるもの。まずは「皆さん、ランチはどうされているんですか?」と会話のきっかけをつくりましょう。

ランチの慣習は会社によって異なります。ほとんどの社員が社員食堂を利用する会社、それぞれが自分のデスクでさくっと食べる会社、皆が連れ立ってお店へ食べに行く会社、お弁当派が多い会社、昼時になるとお弁当の出張販売が来る会社など。いずれにしても、「近隣にどんなお店があるか」「どのメニューがおすすめか」など、「食」の話題は誰とでも会話が発展しやすいので、話題に上げるといいのではないでしょうか。

そして、「中で食べる派」が多い会社だったとしても、入社して間もなくのうちは「ランチをご一緒しませんか」と声をかけてみてください。オフの場を設けたほうが気持ちをオープンにして話しやすいはずです。

リラックスした状態で、「自分」を知ってもらう

ランチの場であれば、お互いにリラックスできて、オフィスではなかなかしづらい会話も弾みます。ですから、オフィスでもできるような仕事の話をするよりも、自分の「パーソナリティ」を伝える場として有効活用することをお勧めします。仕事とは離れ、休日の過ごし方や趣味の話などを話題にするといいでしょう。

なるべく自分をオープンにして、プライベートの話題も自分から率先して話す、そしてプライベートな質問にも気軽に応じてみてください。

「この人はオープンに話してもいい人なんだな」と親しみを感じてもらえれば、今後、話しかけられる機会も多くなり、その結果、仕事をしていくうえで必要・有益な情報も入ってきやすくなります。また、こちらから何か聞きたい場合にも遠慮なく聞きやすい関係を築けるでしょう。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

相手の興味には、はぐらかさずに答える

会話をするときは、相手の「ニーズ」にこたえることも意識してみてください。相手にも、あなたについて気になっていること、聞きたいことがあるはずです。例えば、「なぜ前の会社を辞めたの?」などは興味を持たれている可能性大です。

こうした質問をされたとき、「いやぁ、いろいろあって」などとあいまいにしてはぐらかすと、「心を開いてくれない、距離を置きたいのかな」「何かあったのかな?」という印象が残り、コミュニケーションが閉じてしまうこともあります。よほど都合の悪いことでないかぎり、ある程度は本音を話したほうがいいと思います。それは「あなたを信用していますよ」というメッセージにもなるでしょう。

ただし、注意すべきなのは、前の会社の批判や不満を「ネタ」のように話さないこと。特に守秘義務があるような裏話や悪口はNGです。その場では相手も面白がって聞くかもしれませんが、冷静になったときに「あんなことまでペラペラしゃべってしまうのはどうよ」なんて不信感を抱かれるおそれもあります。

また、前職での経験を聞かれても、「自慢話」と受け取られるような話は控えたほうがよさそうです。自慢話はどうしても鼻についてしまうので、最初は謙虚な姿勢に徹しましょう。

些細なことでもいいので、「この会社(部署)、こういうところがいいな」と感じたことがあれば、同僚と話をしているときにぜひ伝えてください。相手にしてみれば、自分が働いてきた場所を、新しく入った人からほめられれば、やはりうれしいものです。「この人とならうまくやっていけそう」と、印象アップにもつながります。

相手がその会社でしか働いたことがなく、他社を知らない場合は、比較ができないため、意外と自社に対して客観的になれずにいるものです。だから、自社の良さを当たり前ととらえていて、魅力に気付いていないことも多いはずです。外部の視点からそれを伝えてあげてください。

例えば、私がリクルートに在籍していた当時、中途入社したばかりの人からは「本当に上下関係がなく、フラットなんですね」「皆さん、楽しそうに仕事していますよね」「部署を超えての交流が盛んなんですね」「ナレッジを自分1人で抱え込まず、皆で共有しているんですね」などの声を聞きました。私は新卒でリクルートグループに入社したので、それが当たり前の感覚でしたが、他社にいた人の目にはそんな風に映っているんだなぁ、と自社の良さを改めて認識したものです。

その会社の組織体制、仕組み、雰囲気、社員同士の関係性など、あらゆる角度から見てみて、「いいな」という部分を積極的に発信しましょう。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

飲み会の誘いは、なるべく断らない

ランチはともかく、終業後は自分の時間として使いたい、早く帰りたい……という人も多いことでしょう。まだ職場に慣れない状態では気疲れもあり、特にそう思うかもしれません。しかし、入社して間もないうちは、飲み会への誘いを受けたら、なるべく断らないようにしたいものです。

「職場の人とは一定の距離を保ちたい」という主義の人もいると思いますが、誘ってくれる人は、あなたが早く職場になじめるように気を使ってくれているはずです。その好意は素直に受け入れるべきだと思います。

それに、飲みの場であれば、ランチタイム以上にお互いにオープンになれて、お互いを理解し合う絶好の機会でもあります。また、職場では大っぴらに話せないような、社内の力関係や人間関係などを聞き出せることも。そうした情報は、今後仕事を進めるにあたって、社内での根回しが必要なときなどに生きてくるでしょう。

「仕事とプライベートはきっちり分けたい」という人も、最初はなるべく多く同僚と過ごす時間を設けてください。信頼関係を結び、職場になじんだ頃に、徐々に自分のスタイルに戻していけばいいのです。

では、飲み会に参加したとして、どんな話をするか。まだ明るい昼間にランチの席ではしづらいような話を、この機会に聞けるといいと思います。例えば、上司や社長などの「表面には見えていない」情報。メンバー各人のプライベート情報。会社の暗黙知のルール。社内で押さえておくべきキーパーソンなど。お酒が入り、緊張感や警戒心が解かれた状態ならこんな話題も盛り上がりやすいので、情報収集のためにぜひこの場を活用したいものです。

今後も飲み会が開かれる際に「あの人も呼ぼう」と思ってもらえるようにするためには、自分が話すだけでなく「聞き上手」「盛り上げ上手」であることも大切です。

人が話し始めたら、耳を傾け「うんうん」としっかりあいづちを打つ。相手が冗談を言えば多少大げさにでも反応したり笑ってあげたり――。それによって「話していて楽しい」「この人がいると盛り上がる」と思ってもらえれば、次の機会にもつながりやすく、今後の人間関係が深めやすくなるはずです。

森本千賀子

morich代表取締役兼All Rounder Agent。リクルートグループで25年近くにわたりエグゼクティブ層中心の転職エージェントとして活躍。2012年、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。『マンガでわかる 成功する転職』(池田書店)ほか、著書多数。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト