1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

リストラは45歳に来る 転職の備えは3つの自分改革

ミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

怒りや不満に任せた急な転職は準備不足に陥りやすい。写真はイメージ=PIXTA

大規模なリストラに踏み切る動きが広がってきました。雇用者数が多い重厚長大産業や、金融・流通などのサービス業での人減らしが目立っています。それに伴う希望退職の標的となりやすい45歳以上のベテラン組は、身近に迫る「雇用クライシス」とどう向き合うべきなのでしょうか?

先日、転職相談に訪れたAさん(50歳)は、東京都心に生まれ、有名大学を卒業後、バブル期末期に老舗百貨店に入社して以来、30年間、流通の第一線で活躍してきた人でした。デパートの主役である婦人服の売り場で経験を積み、やがて海外出店戦略に伴い、アジア各国で店舗の立ち上げ、拡大を経験してきた敏腕でした。

複数の海外店舗を統括する支社長を経験し、優秀な数人の右腕的な幹部をはじめ、数百名の現場の部下を持ち、店舗経営をとりまとめる役職にまで上り詰めました。一国一城の主、経営の最前線を任されているという充実感で、取引先との接待などに夜の時間も使いながら仕事にまい進していました。

しかし、2018年8月、不振の海外店舗の閉鎖決定に伴い、突然帰国を命じられることになりました。そして、帰任前の面談で内示されたポストは、婦人服売り場のスーパーバイザー。通常のラインではなく、いわばスペシャリストとして海外の富裕層顧客などに対応するスペシャリスト的なポジションでした。当然、部下はゼロ。予算の責任もなければ、経費を使うシーンもありません。それを聞いた瞬間に頭の中は真っ白になり、感じたことはこの一言だけだったそうです。

「すべて終わった。これで出世の芽はなくなった」

なぜ転職先探しに1年以上も費やしてしまったのか

真っ白になった後には、プライドを傷つけられたことで、怒りにも似た感情が巻き起こり、その瞬間に会社を辞める決意をされたそうです。自分がやってきた仕事の中身、自分が挙げた成果、自分が考えてきた自分なりのやり方、自分だからできた人心の掌握術を考え合わせ、「俺はまだまだできる。自分らしい強みを生かせる職場はまだまだあるはずだ」と考えるに至ったようです。

転職に踏み切ることに不安はあったものの、自分を評価してくれる会社は必ずあるという確信を持ちつつ、18年9月末の段階で会社を退職しました。それからすでに1年。Aさんの転職活動は、想定通りには進まず、まだ転職活動が続いている状況でした。

私が会ったのは、そのタイミング。もうそろそろ、「過去の経験を生かして小売りの現場で指揮をとりたい」とか「前職に近い年収を確保したい」といった希望条件を全面的に見直すべきかもしれないと考え始めていました。

「こんなに時間がかかるとは全く思っていなかった。退職したことに後悔はありませんが、事前の情報収集が不足していたことは後悔しています。ぜひ自分のこの痛い経験を、これから転職活動する方にも伝えてください」。こう言っていただいたこともあり、ここで皆さんにお伝えしています。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「新しいものを受け入れられない年齢」と客観的に向き合う

上記のような話は、決してAさんに限った話ではありません。いくつか学びのポイントがありますが、一つめに押さえたいのは「百貨店業界の低迷は、今に始まったことではなかったのに、全く準備をしていなかった」というAさんの反省です。

Aさんは自分が30代のころから、50歳前後になるとラインから外されてしまう先輩や、関連会社や取引先に意に沿わない転籍をしていく先輩、などを数多く見てきました。にもかかわらず、「自分は会社に期待されているから大丈夫だ」という暗黙の過信があったそうです。

それゆえに、「『もし自分がリストラ対象になったらどうするか?』という仮説や、それにどう対応するかということをまったく考えずにいた」。ある日突然、リストラを宣告され、とてつもないショックを受けてしまうという人には、Aさんと似たようなケースが多くみられます。

どれだけ好調な状況が続いていたとしても、仕事も人生も、自分の思い通りに進むかどうかはわからないものです。もしも想定外の事態に陥ったらどうするかを想定しておくといった準備は、やはり誰にとっても不可欠な時代になっているのではないかと思います。

年齢を重ねるほど、人は新しいものを受け入れられなくなってくるという特性を持った生き物です。たとえば、年齢が高くなると、新しい音楽がどれも似たようなものに聞こえる、とか、若い頃に聞いていた音楽を一生聴き続けるという行動パターンは、生物学的にメロディーやリズムの微妙な違いを聞き分ける能力が年齢とともに低下することが一因だそうです。

音楽の嗜好性は20歳ごろにがっちりと固まり、33歳になるころには新たな音楽を聴くことはほぼなくなるために、同じ世代の中では若い時期に聴いた音楽の人気が一生続く傾向があるそうです(ノックス大学心理学教授のフランク・T・マカンドリュー氏による研究)。新しいことへの受容度が下がると、どうしても変化に対応する力が弱まります。これは人間であれば誰であれ起こる現象なので、これを織り込んでおくことがとても重要です。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

行動を変えて思考回路を変えるセルフマネジメント

「人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目は付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ」――。

これは、経営コンサルタントの大前研一氏の有名な言葉ですが、ミドル世代の雇用クライシスへの向き合い型へのヒントも、この言葉の中にあります。

なお、行動を変えるという方法を考える際に「資格取得をめざす」という人がいます。ただ、これは資格依存による自己変革の希薄化を招きやすいのであまりお勧めしません。

セカンドキャリアへの不安に備えなければいけないと考えると、「気持ちを引き締める」とか「緊張感を持って」「前向きにあきらめずにがんばる」というような言葉が浮かびがちです。でも、これら抽象的な言葉で心がけや決意をいくら強く念じても、結果は大して変わりません。行動を変えることだけが、思考回路を変える唯一の方法です。

「いまさら別の業界でチャレンジすることはあり得ない」「今までやってきた経験を捨てるなどもったいない」「まだまだ同じ仕事で成果を出せるはずだ」と考える人は少なくありません。「だからといって自分で起業するリスクなど冒せない」「どこかにいい条件で雇用してもらえるチャンスがあるはずだ」という考えに発展するのもよくあるケースです。

しかし、雇用危機を乗り越えるためには、自分の中のこれらのバイアスと戦う必要があり、避けることはできません。そのためにおすすめしたいのは、自分が苦手だと感じていたり、興味がなかったりしたものであっても、何度も見聞きしているうちに好きになっていくという単純接触効果です。

たとえば「自分はIT(情報技術)は苦手だ。機械のことはわからない」と敬遠している人であれば、毎日少しずつでもスマートフォンやパソコンに触れる時間を増やしていくことによって、苦手意識が薄くなり、やがて愛着すらわいてくるというような効果です。ぜひこのような人間の生物としての傾向を活用して、自己変革のきっかけを作っていただきたいと思います。

黒田真行

 ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。著書に本連載を書籍化した「転職に向いている人 転職してはいけない人」など。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト