1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

黒字リストラの大波、乗り切る転職 会社の先手とれ

ミドル世代専門の転職コンサルタント 黒田真行

状況の変化に戸惑って、動かないこと自体がリスクになり得る(写真はイメージ)=PIXTA

トヨタ自動車社長の「終身雇用を守っていくのは難しい」発言をきっかけに、産業界の雇用に変化が起きています。特に、工業化社会をけん引してきた製造業を中心に、新しいスキルに順応した人材を強化し、そうでない人を希望退職で送り出す「人材ポートフォリオの入れ替え」シナリオが見え隠れしています。この時代変化の中で働く個人がどう対応していくべきかを、今回は考えたいと思います。

2018年から多くの大企業が加速を始めた「黒字リストラ」は、40代以上を対象にした希望退職者募集という形で増加しています。リストラを進めている各社では、その一方で、ヘッドハンターなどを駆使して、IT(情報技術)やデータサイエンス分野のプロフェッショナルやグローバルなM&A・知財のスペシャリストなど、先端スキルを持った専門家の採用を強化しています。

この背景には、戦後から70年以上にわたって、製造業として巨大化した企業群が、新しい時代に本格的に対応するために脱皮を開始したための動きがあると言ってもいいのではないかと思います。事業そのものを変容させていくためには、必然的に社内の人材という資源も変化させていかなければいけません。それが、この早期退職のドミノ現象の背景にあります。

また、19年後半からは、消費税率引き上げを起点に景気減速が始まったと指摘されています。暖冬でモノの売れ行きが良くなかったところに新型肺炎も重なり、さらに経済循環に悪影響が起こり始めています。黒字リストラの波は、まだまだ序の口で、これから本番がやってくると考えられます。

「業績は悪くないはずなのに担当顧客の予算が毎年減少している。これだけ先が見えないと、会社に残ってたとえ出世したとしても、5年後にその状況が継続しているとは限らない。むしろ5歳年を取って転職市場で行き先が減ってしまうかもしれない」(43歳・広告代理店・営業管理職)

転職相談でお会いする方の中にも、現在の会社で、昇進できたとしても定年まで生き残れそうにない、だからといって簡単には動けない、とフリーズしてしまう人も少なくありません。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

不安があるが、動かないというリスク

しかし、不安を持ちながら、辞めるか残るかの決断をせず、いずれの行動もせずに時間が経過することは、それ自体がリスクを呼び込みます。

「業界・会社の業績の不振が続いている」

「危機に対して対応が遅く変化が起こりそうにない」

「結果的に給与やポジションが上がらない」

「優秀な若手が辞め、残った人間の業務負荷が上がる」

「人間関係が閉鎖的・硬直的で社外のことがわからない」

転職を考える方のきっかけとして上記のような理由が多くあげられます。

たとえば、あなた自身が自社に感じる不安要素はどんなものでしょうか。その不安要素の中に、今後、改善が期待できることがどれくらいあるのでしょうか。

もし、改善できる要素が多いなら踏ん張って現職を盛り上げるという意思決定が可能でしょう。逆に、改善が見込めなければ、自分自身のキャリアの土台を守るために転職や独立などの選択肢を考え始めるべきだと思います。

むしろ、冒頭の話のように、会社側が人材ポートフォリオを描き直すとなった場合には、受け身の対応を取らざるを得なくなります。「会社」というシステムは、「継続と発展」という存在命題を持っているために、いざとなると、あらゆる方法で会社自体を生き残らせる方法に打って出ます。

企業存続のために、人材の入れ替えを意思決定した場合、早期退職の募集以外にも、

・子会社出向(年収ダウン)で意思決定を迫る

・年功序列廃止や評価制度の改定で年収を切り下げる

・賞与・手当のカットなどで固定費を圧縮する

・IT化を徹底して業務自体を減らす

など、多様な方法で、人材構成を変えようと動きます。

会社がいざ動き始めたら、選択肢もペースも、こちらの思い通りには進みません。何ごとも先手必勝です。もし、動くなら、自分の意思、自分のタイミングで主導権を持って動くことをお勧めします。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

迷ったら「見晴らしのいい場所」をめざすべし

米国の転職市場では、「キャリアに迷ったらバンテージポイントを目指せ」という格言があるそうです。バンテージポイントとは、有利な位置、見晴らしのよい地点という意味で、専門領域で道に迷ったら、できるだけ選択肢が広く選べそうな会社や仕事に移ることを推奨する言葉です。

もっともわかりやすい選択肢は、大企業で多様な部門や職種がある会社ということになりますが、規模が大きくなくとも、ひとつの職種しか選びようがない会社ではなく、複数のミッションを持てる会社や、副業が可能な働き方など、できるだけ自分の視野を広く持てる働き方もそれに該当するかもしれません。

また、40歳を超えてキャリアを考える人にありがちなのですが、何もかも一人で抱え込んでしまって「思考の袋小路」にはまり込むケースがあります。

そういう方には、会社とはできるだけ関係のないメンターをできれば3人ぐらいつくることを提案しています。学生時代の友人、前職の上司や同僚、仲のいい取引先など、できれば複眼であなたのキャリアについての助言をもらう動きをしてみることで、自分だけでは見えなかった可能性が広がることがあります。明確な道が見つからなくとも、少なくとも親身に話を聞いてもらえるだけで心理的なストレスは大きく軽減されます。

もし、知人・友人に相談しづらい場合は、転職エージェントの活用が最も便利だと思います。必ずしも転職することを決めていなくても相談に乗ってくれるエージェントも多いので、まずは2、3社にエントリーしてみるのがいいかもしれません。

キャリアの行く末が不透明な時代がこれからさらに続いていくと思いますが、ぜひ今回ご紹介したポイントを、キャリア戦略を考えるヒントにしていただけると幸いです。

黒田真行

ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。2019年、中高年のキャリア相談プラットフォーム「Can Will」開設。著書に『転職に向いている人 転職してはいけない人』、ほか。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/
「Can Will」https://canwill.jp/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト