1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

出典:NIKKEI STYLE 出世ナビ 次世代リーダーの転職学

40歳からの転職 年収増える5つの方法、失敗するのは

ミドル世代専門の転職コンサルタント 黒田真行

年収アップにつながる転職には、5つの方法がある(写真はイメージ) =PIXTA

「先進国の中で過去30年間給料が上がっていないのは日本だけ」。最近、会社員の年収についてのニュースがしばしばクローズアップされるようになりました。どうせ働くなら、役職や権限と共に年収を上げたいという本音は誰にもあると思います。年収にリンクするのは、やはり経験やスキル。手持ちの経験資産の需給状況によって生まれる個人差も広がっています。40歳からの転職市場における年収増減の実態に迫りたいと思います。

40代からの転職で年収アップは可能か?

40代からの転職で年収を上げることは、結論から言うと、もちろん可能です。40~49歳の年代の人の転職前後の年収変化は、全体平均で言うと以下のような内訳になります。少し古いデータですが、大きな構造をつかむために概算として見ていただければ幸いです。

●転職前と転職1年目の年収

・年収が上がる人 40%

・年収が変わらない人 20%

・年収が下がる人 40%

(出典 リクルートワークス研究所 ワーキングパーソン調査2014)

当たり前の話ですが、年収が上がる人もいれば下がる人もいるので、「40代の転職は年収が上がる、とか、下がる」とか、ひとまとめに言いきれるものではありません。また、職種や地域、学歴や転職回数によっても個人差が大きいので、あまり一般論を気にしても仕方がないと思います。

ちなみに、転職前と転職後2年目の比較をすると、その内訳は以下のように変わります。

●転職前と転職2年目の年収

・年収が上がる人 60%

・年収が変わらない人 15%

・年収が下がる人 25%

(出典 同)

何と6割もの人が、転職前より年収が上がっています。この数字が意味するところは、転職直後の初年度年収にこだわりすぎると、2年目以降に挽回できるチャンスを見過ごすリスクがあるということです。

年収が上がる人と下がる人の格差が生まれる要因には、いくつか複数のファクターがあります。経験職種やスキルの個人差は簡単に埋めようがないものだとしたとき、そのほかにどんな要素が、その個人差を作るのか。今回はそこに着目してみました。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

40代からの転職で年収を上げる5つの方法

まず年収を上げる方法について基本的なポイントを整理しておきたいと思います。これは40代に限った話ではありませんが、年収を上げる方法は基本的には以下の5つしかありません。

(1)年収が上がる「職種」に転向する

(2)業績がよく社員分配率が高い「会社」に行く

(3)需要が多く、かつ成長している「業界」に行く

(4)中小企業やベンチャーで活躍して「役職」に就く

(5)「副業」または「複業」をする

5つの方法を1つずつ見ていきます。

(1)年収が上がる「職種」に転向する

職種を変えずスペシャリストとして付加価値を高めていける場合は、年収を上げる方法として最も効率的ですが、産業構造の変化で、職種自体の付加価値や競争力が低下してしまうことも起こりやすくなっています。

その場合は、思い切って今までやってきた経験のある土俵を捨てて、別の職種に、言葉通り「転職をする」という選択肢は有効です。その場合、たとえば弁護士や薬剤師など、長い時間や資格取得にコストがかかるなどの職域は避けておいたほうが無難かもしれません。

また、求人数に対して候補者数が多い職種の場合は、どうしても買い手市場になるので、売り手である求職者側は不利になります。

経済情勢や社会の状況、今後の経費変動などを見て、「どんな仕事を選べば、あと20年以上付加価値を高めながら働いていけるか」を自分なりに考えてみることが重要です。単に以前から「あこがれていた」とか「興味関心が高いから」というだけではなく、今後の労働力の需要がそれくらい大きくなりそうなのかを自分なりに言語化しておくことをお勧めします。

(2)業績がよく社員分配率が高い「会社」に行く

次に、現実的な年収を上げる方法は、会社としての財務状況が良く、かつ報酬で社員に還元していく分配率が高い会社を目指すということになるかと思います。

中小企業と大企業では、報酬金額には大きな違いがありますし、また、利益率をはじめビジネスの構造が異なると、業界によっても、同じ責任範囲と同じ業務負荷であっても年収に大きな格差が生まれることもありえます。

もちろん大企業になればなるほど、採用基準は厳しくなり、現実的に年齢の制約も大きいと思うので簡単ではありませんが、いちおう念頭に置いていただけるといいのではないかと思います。

(3)需要が多く、かつ成長している「業界」に行く

2020年代は、従来のインターネットによる産業変革に加えて、ロボットやAIなどのテクノロジー活用が加わり、一段と世界の変化が加速する時代になりそうです。結果的に産業の栄枯盛衰が発生し、斜陽産業と勃興産業が交錯することになります。

今40歳の人が70歳まであと30年働くと考えると、この変化を読み取っておくことは、単に年収を上げるかどうかという観点だけでなく、リタイアまでの長期間、労働市場における自分の価値をいかにデザインしていくかということにも直結します。

いわゆる既存事業のDX(デジタルトランスフォーメーション)やテクノロジーに関わる業界、高齢化の影響を受けてさらに労働力が不足する医療・介護領域、建設・土木業界、電気自動車をはじめとするエネルギーに関わる業界など、今後需要が高まっていく業界で、自分ができることを探していくことも、重要な着眼点だと思います。

(4)中小企業やベンチャーで活躍して「役職」に就く

また、別の観点では、年収を上げるための重要な要素にポジション=責任や権限の大きさがあります。優秀な人材が何層にも存在する大企業よりも、あえて人数の少ない中小企業で活躍して重要ポジションを目指したり、ベンチャーで貢献度高く活躍していくことで自分のブランドを形成していくなど、「鶏口牛後」的な視点を選ぶ人も増えています。専門分野が明確で競争力があれば、CXOとして経営幹部を目指す方法も現実的な選択です。

(5)「副業」または「複業」をする

最後が「副業」です。正社員として本業を持ちながらの副業と言う考え方が主流ですが、今後は、起業すること自体のリスクが低下している流れを受けて、個人事業主のフリーランスとして、複数の本業を持つ「複業」と言う形も増えていくのではないかと予測しています。1社から年収1000万円を稼ぐのではなく、年間300万円の契約を5社と締結して年商1500万円を売り上げるという形です。極力リスクを抑えて、かつ継続的に仕事を得られる状況さえできれば、十分に考えられる選択肢だと思います。

本気で年収をUPさせたいと考えるなら、上記の5つの方法の中から自分に合う方法を選んで、さらに詳細な戦術を練り上げていくことで格段にその可能性は高まるはずです。

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

年収が下がってしまう人が陥る落とし穴

私個人としては、年収が上がることだけが転職成功の要件とは思いませんが、年収を重視する人にとっては、やはりその金額の変化は転職後の満足度に重大な影響を及ぼします。

転職後に年収が下がってしまい、「こんなはずじゃなかった」と後悔をする人に共通する落とし穴を最後にお伝えしておきたいと思います。転職に失敗する人には以下のような3つの傾向があります。

(1)自己の能力を過信する人

自分の経験や実績を高く見積もりすぎて、そもそも希望する年収帯の求人に出会えないというケースです。自信があるので「すぐに転職先が見つかるはず」と甘い予測を立てて会社を辞めてしまい、最終的に時間切れを迎えて年収ダウンの仕事に就かざるを得ない、ということになってしまいます。

もし、運よく希望に合う求人で転職ができたとしても、入社後に実力と年収のギャップが露呈してしまい、2年目、3年目に年収や役職がダウンしたり、それがきっかけで早期退職に追い込まれるというケースも起こりがちです。

(2)仕事選びの判断が不得意な人

過去の成功体験や自分自身の経験に縛られて、業界や会社の将来を読み間違えるケースや、自分が発揮できる強みとミスマッチの仕事を選んでしまい、後々苦しむというようなパターンです。特に需要が右肩下がりの業界や会社を選んでしまうと、会社の財務状況によっては入社時に取り決めた給与や待遇が反故にされてしまい、「こんなはずじゃなかった」という結果に陥ってしまうことがあります。

(3)学習意欲が低い人

「リカレント教育」とか「学び直し」と言う言葉が注目されている背景には、技術革新のスピードの高まりという現象があります。特に2020年代以降は、テクノロジー進化が加速することもあいまって、年齢が上がるほど、逆に新しいことを学び取り入れていく能力によって、人材市場での個人格差が拡大していきます。自らの付加価値を常に最新化して、必要とされ続けるためにも継続的な学習は不可欠になっています。

5つの方法と3つの失敗パターン。これらの観点を参考にして、ぜひ自分に合った納得できるキャリア形成をしていただきたいと思います。

黒田真行

ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。2019年、中高年のキャリア相談プラットフォーム「Can Will」開設。著書に『転職に向いている人 転職してはいけない人』、ほか。
「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/
「Can Will」https://canwill.jp/

今、エグゼクティブとしての市場価値が知りたい。

わずか5分でわかる、あなたのエグゼクティブ力
エグゼクティブ力診断

「次世代リーダーの転職学」をもっと読む

※NIKKEI STYLEのウェブサイトに移動します

おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP

わずか5分でわかる、あなたの「エグゼクティブ力」
エグゼクティブ力診断テスト