1. NIKKEI
  2. 日経HR

EXECUTIVE エグゼクティブ転職

次世代リーダーのための
ヘッドハンティング転職サイト

2017年3月の転職マーケットレポート

今月は下記の業界/職種に関する転職マーケットの最新動向をレポート!!

今月の業界

教育・教育学習支援関係、人材サービス

人材サービス業界では医療・介護分野向けの企業が積極採用

人材サービス業界では人材派遣、人材紹介、技術者派遣、アウトソーシングなど、いずれの領域でも活発な採用が続いています。全般的に選考の目は以前より厳しくなっていますが、積極採用の姿勢はしばらく続くでしょう。特に意欲的なのは医療分野を対象とする企業。これまでは医師、看護師、薬剤師を手がけてきましたが、新たに介護分野にも進出する動きが見られ、介護事業者への人材コンサルティングを担う営業職を求めています。

電気・電子機器、機械・重電、その他製造

プラント業界や国内医療機器メーカーが電気系エンジニアを募集

自動車業界では自動運転に関わる「センサー」「AI」といった分野の人材ニーズが大。完成車メーカーほか、車載品メーカーが積極採用を続けています。またエンジニアリング会社や化学メーカーなどがエネルギー事業に注力しているほか、ゴミ焼却施設など環境関連のプラント建設も活気づいているのを背景に、プラント関連の求人も目立ちます。医療機器分野では国内メーカーが回路設計、センサー・無線技術の経験者を求めています。

今月の職種

営業・販売<マネジメント>【年代】30代~50代

銀行のリテール営業マネジャー、生保代理店営業などでニーズあり

金融業界では近年、リテール営業部門の人材を強化。メンバークラスの採用を終えた企業でもマネジャークラスの求人は継続し、銀行や信託銀行は同業種での経験者を求めています。生命保険分野では代理店営業の採用が活発で、証券や銀行など広く金融業界出身者を受け入れています。一方、情報サービスや流通などの事業会社で金融部門を立ち上げる動きがあり、金融営業の経験を生かして企画を手がけるチャンスも出てきています。

コンテンツ提供:日経キャリアNET
おすすめコンテンツ
  • 10万人以上が受験「年収査定」無料査定を試してみる
転職インサイト
おすすめ情報
  • 日経ビジネススクール

PAGE TOP